話題の沖縄形成外科クリニックをまとめてみた

沖縄で下肢静脈瘤を治療するなら評判の『沖縄形成外科クリニック』がおすすめ

関する不安や悩みがあればこちらの医院で診てもらうと解消される場合もあります。
例えば、足の血管が浮き出る、足がなんどもつってしまう、足が重いと感じる、足の色素沈着が気になる、というような症状にも対応しています。

これらの症状は、病気の前兆や、症状そのものである可能性があるので、安心して診てもらえる医院に任せた方が良いです。
特に下肢静脈瘤は、足の血液が静脈で停滞してしまい、静脈が膨らんでしまう病気です。
この病気の症状として、足のむくみや疲労感、こむら返りをはじめとして、足のかゆみや血管が浮き出る、などがあります。
そのため、足に異変を感じたら相談するとよいかもしれません。
中には、日々の仕事などが忙しくてなかなか通院ができないから、一度診察に行ったとしても、治らないと諦めてしまっている方もいるでしょう。

しかし、医療の発達により、下肢静脈瘤は日帰りでの治療が可能となりました。
また、沖縄形成外科クリニックも例外ではなく、高周波治療を導入したことにより、今までは数日間の入院が必要とされていた手術も、30分から1時間半程度の治療が可能になったのです。
また、この高周波治療は痛みも少なく、傷口も目立たないと行ったメリットもあり、体力がない年齢の方でも、負担が少なく治療できるのではないでしょうか。
治療後は、経過観察を行い、1ヶ月後、3ヶ月後に診察をし、問題なければ治療が完了となります。
また、高周波治療のほかに、硬化療法というものもあります。
これは、網目状やクモの巣状などの等度の静脈瘤に対して行う治療で、高周波治療と同様に患者さんへの負担が少ない治療法です。
硬化療法は、注射での治療となりますので、症状に合わせて、より負担の少ない方法で、治療をしてくれます。

下肢静脈瘤の治療により、患者さんの中には、今まで足がボコボコしていたので、スカートを履けなかったと嘆いていた人も、治療をしてからはスカートを履けると喜びの声もあるようです。
見た目が美しくなると、気持ちも晴れやかになるので、自身の足を見て、もしかしたら…と感じたら相談に行って見てください。
石徹白 晶先生は専門家でありながら、患者さんにわかりやすいように説明をしてくれたり、いつでも笑顔で対応してくれたりします。
病院に行っても、説明がわからない、あまり話を聞いてくれない、などと行った不安を抱えずに行けるクリニックです。
また、スタッフもとても手際よく、ハキハキしているので不安もおさまるのではないでしょうか。
クリニックへの予約は、ネットでも受け付けています。
カレンダーになっており、予約可能な日程や休診日などが一目瞭然でわかるので、自分の予定と照らし合わせてその場で予約ができます。
忙しい方で日中に電話ができないと思っている方でも、ネット予約があれば時間を気にせずに予約ができるので、嬉しい限りではないでしょうか。

記事一覧

PAGE TOP▲